オフィスデザインがもたらす効果についての体験談

開放的なオフィスへと変化したが故に問題が生じた

オフィスデザインがもたらす効果東京のオフィスデザイン・レイアウト

問題点ですが、私の場合、各部署の壁を取り払い開放的なオフィスへと変化したが故に問題が生じたという意味になります。
問題と言うのは、開放的になったが故、仕事をしている人とそうではない人の区別がつきやすくなり仕事をしている人には仕事が回ってくるのですが、仕事をしていない人は何もしておらずそれでもお給料はみなと同じように貰っているため中には会社の仕事場を改造したことについて不平を言うものが現れ、どこか別の会社に行ってしまった人もいます。
後、昔ながらの壁があるスタイルのほうが落ち着くという社員も現れ始めオフィスデザインがもたらす効果は人それぞれまちまちであったということです。
少なくとも私は、壁を取り去り仕事場が開放的になったことで意見を言い合い、実現可能であるかできそうにないものであるかの判断が即座に判明するようになったので会社としては利益につながると踏んでいますが、開放感がある仕事場と言うものになれない方も居るので仕事場のデザインがもたらす効果としては業務効率の向上、連携の取りやすさの改善が降下として見られます。
ですが反面、仕事をさぼる人間に対しての問題に連携をうまくとることが苦手な人物の登場と言う問題があり、今後改善するべきポイントであると感じます。
このことは一応会社内でも話題になり、新しい職場環境になじむことが出来るようどのような工夫をする必要性があるかということを検討しています。
ですが、私は少なくてもこのオフィスデザインがもたらす効果については、プラスに働いていて私自身の仕事の効率の上昇、会社の営業時間の短縮の他、周囲の人員の様子の把握の容易さがプラスであると考えており個人的にはプラスに働く効果であるため賛成できます。

オフィスデザインがもたらす効果開放的なオフィスへと変化したが故に問題が生じた仕事場をおしゃれにすることも重要